大変だからこそ段取り良く!

人生で一度の結婚式ですから、準備をするにしても何から始めればいいのか分からずに右往左往しがちです。結婚式までの時期が長ければまだ良いのですが、スピード婚で時間がないときもありますから、段取り良く計画を立てて進める必要があります。最初に式場を決め、ゲストを決めて招待状や必要ならホテルの宿泊等を手配します。衣装などの重要な部分も細かく打ち合わせをしながら、演出の写真や動画を作成したり、料理などの細かな部分を詰めていきます。披露宴をどうするかも決めないといけませんし、引き出物やプチギフトも地域によって違いがあるので話し合って決めます。場合によってはブライダルエステに出かけたりしながら、当日までの準備を進めていきましょう。

忘れがちな作業はメモしておこう

結婚式当日までの計画表や日程表を作っても、忙しいと忘れてしまうことは少なからずあります。細かな作業でうっかりしてしまいがちなのが、例えば招待状の切手の貼り忘れで、返信の際に料金負担をさせてしまったりということはよくある話なので気を付けたいものです。妊婦さんや小さなお子さんがいる場合にはその対策もしておきたいですし、料理に関してはアレルギーの有無などもゲストに聞いておかないと万が一のことがあったら大変です。カップル二人だけで計画を立てて不安があるなら、家族や友人に忘れている準備はないかチェックしてもらうのも有効です。思い出に残るひとときを作るため、楽しみながら準備を進めていきましょう。

これから、場所を限定して四日市の結婚式場で結婚式を挙げるなら、ブライダルフェアを行っている会場で、ブライダルフェアに参加して納得のいく会場を決めましょう。